4dbd3b62961cb29fd57b1082cabc5882?1306396120
ラマンマのごはんと物作り、時々スパイマンマ

あら、私も。そしてクリスマスの準備やベジタリアンカレー

2018/11/29 10:49 昼ごはん 晩ごはん お菓子 パン イベント 子ども くらし 家族







あら?こんな所に餃子…阿羅餃子(アラ・ギョウザ)

https://yokogy.cookpad-blog.jp/articles/385989








やっとアップできました!



自分にブログ閲覧禁止令を出して頑張って(時々のぞいてしまいました、ふふっ)

今月のお仕事もやっと終えました。

来月の準備はもう始まっているのですが。



夫は相変わらずの出張三昧。

今日はイスタンブールからドイツの何処かに飛んでるそうです。



娘ちゃんと猫ちゃんとの静かな日々の中でも(まあ、今月は色々あったのですが)、突然ニュージランドの小児科医のお友達がロンドンの学会に出席するためにお泊りに来たりしまして。

そうなると作ってあげたいのはやっぱり餃子。



阿羅餃子フランチャイズには大好きな方達が参加してるけれど、

私は楽しく遠くから眺めてるつもりだったのです。

傍観するつもりだったのです。


でも、作った餃子がとっても美味しくて、焼き上がりも人生最高の出来!

ですので、私も参加させていただきました。




お世話になったレシピ!

クマちーさん、ヨコ爺さん、remikoさん、ご馳走様でした。














こちらは、ベジタリアンカレープレート!



娘の大親友のTちゃんのご両親主催のお食事会。

昔娘たちがお世話になった森の幼稚園の主催者のスウェーデン人の先生を囲んだ

楽しい会でした。



子供達の最高の理解者で、春夏秋冬森で遊ぶ天才。

萩尾望都の少女漫画に出てくる美少年のようで、はにかむ笑顔がチャーミングな

女性。

大恩の人です。



カレーは五種類で本当に美味しかった!

Tちゃんのママはベジタリアンで物凄くお料理上手でセンスも抜群。


そして動物たちを心から愛する彼女は家族でイタリアの別荘に行く時も、

必ず大切な家族のメンバーであるウィペットちゃん二匹と彼女以外には

決して懐かない美しい猫ちゃん一匹を連れて、車二台で大移動します。






猫ちゃんは何処かに隠れてしまいました。










お腹いっぱいで食べきれなかったデザートのチョコレートブラウニーは

翌日の私のおやつに!









秋もどんどん冬に追いやられて、こんな素敵な秋晴れだったのが

今は毎日のように雨。そう、冬に雨の多いイギリスなのです。










雨の中も元気に毎朝40分の登り坂を歩いて登校する娘ちゃん。





そんな娘ちゃんのバイオリン試験を応援するロシア料理第三弾は自家製ペリメニ。



ロシアの水餃子やラビオリみたいな感じ。

今回はジャガイモや茹で卵などを入れたベジタリアンペリメニ。

なかなかの好評でした。













実は、白い可愛い猫娘ちゃんが具合を悪くしてしまいました。


もう大丈夫なのですが、1週間近く何も食べれず、私も何にも手につかず。

まだ、そんなに歳をとっているわけでもないのに、何か私が悪かったのかと。




もちろん、夫は出張中。


娘ちゃんが先月体調を崩した時も、無理やり学校へ行かせてしまったことを後悔して、本当は吐きたくなるくらい心配でした。



心配と後悔で胃が締め付けられるような時、本当は料理なんかしたくないけれど、

でも、皆さんのブログを一生懸命眺めて気持ちを奮い立たせておりました。




夫の不在中、娘たちを守るのは私だから、

季節の変わり目、娘ちゃんにもしっかりと栄養を取らせたいから。




ブログで皆さんの日々のお食事からインスピレーションを頂いて、

私も何か作らなくてはと、頑張れました。

ありがとうございます。



人参とかぼちゃと豚肉のカレー、ハーブたっぷりアボカドサラダに

炒め物と酢の物。





味つけ冷凍しておいた鮭と雪菜のオイスター炒め。

前日の残りの野菜のクリーム仕立てに酢の物、味噌汁。

黒豆と栗ともち麦と玄米のご飯。



私が気持ちがやっと落ち着いた頃、私を大笑いさせてくれた
としきんさんのブログ。

https://toshikin-721134.cookpad-blog.jp/articles/385385




お世話になったレシピも。

最高に上手にできたオムライス、さっとできて美味しいスープにタレが絶品の

アボカドのナムル!  クッキングsパパさん、ek4、銀ママさんご馳走様でした!



   












そして夫からは、私をねぎらうためにとパリから美味しいフォアグラをひと瓶。




フォアグラ。


どこまで、私のことを肥えさせるつもりなのかしら?

娘ちゃんの白い目が辛い。

ブログで時々、お見かけする皆さんの美しい姿が羨ましい。


ブログ?


確か、どなたかのブログでフォアグラが出て来たような。




夫はブリオッシュの代わりに焼きたてのクロワッサンがお勧めだと帰宅した夜に

かなり強引にお勧めしてくれました。


そして残りは目出度く豪華なスクランブルエッグになって、家族3人の胃袋に。




ルチアーノさんインスピレーションありがとうございます。

https://luciano-mammamia.cookpad-blog.jp/articles/359453



Paliさん、付け合わせにさせて頂きました。ご馳走様です!





ところで、この夫のことを前回のブログでアレキシさんとHarumieさんにご報告を兼ねて、大草原の小さな家のチャールズパパとエドワードおじさんを足したような人と紹介しました。


あえて言えば、本当に一番近いイメージは「目力の強いカールのおじさん」。


眉毛は海苔を貼ったように濃く、毛が多く(遺伝。義母はアニメのシンプソンズのママの髪みたいでフォークが刺せそう)、チャールズパパみたいに頼り甲斐があり、老若男女にモテて、でも、実はデリケートという、かなり複雑な味わいのある人です。


私、なんでこんなこと書いているのかしら。

でも、悪口ではないですから。褒めてますから。



HarumieさんDVD良かったですね。

楽しんでください!











クリスマスの準備もそろそろ。



何年も前に娘ちゃんのためにマッチ箱と

毎年買っているドイツのアドヴェントカレンダーをリサイクルして作った

手作りアドヴェントカレンダー。




12月1日からイヴの24日まで毎日開ける小さなプレゼント。



毎年何を入れるか、考えるのも楽しみでした。

この写真の年は主にドールハウスの物を入れた年だったなあ。






空き箱に赤いアクリル絵の具を塗って、蓋にも古いアドヴェントカレンダーの

切り抜きを貼りました。





今年は見向きもしないかな。

今年は...1ポンドコインでも入れておこうかな。











クリスマスの準備といえば、毎年作っていたジンジャーブレッドハウス。


デザインを考えるのも楽しくて。

シュガーペーストは粘土細工みたいで娘ちゃんも雪だるまを作ったり沢山手伝ってくれました。



ツリーの飾りのジンジャークッキーも美味しくできます。










「ママ、心配した?」



 とっても。





また、とっても長くなってしまいました。

最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。






クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください