4dbd3b62961cb29fd57b1082cabc5882?1306396120
ラマンマのごはんと物作り、時々スパイマンマ

マルメへ * 娘ちゃんと二人旅 その2

2019/10/05 08:43 昼ごはん 晩ごはん テーブルウェア イベント 子ども 旅行・お出かけ 趣味 家族






新学年・新学期の不安定でネガティブ全開だった娘ちゃんも

やっと落ち着きました。

怪我で療養中の迷える中年男子の夫の機嫌もやっと少し治りました。






ということで、夏休みの娘ちゃんとの二人旅の続編です。

https://la-mamma-di-lara.cookpad-blog.jp/articles/449185




スウェーデンのマルメに、コペンハーゲン滞在中に日帰りで行きました。

当初は、雨の予報でしたが1日大丈夫でした。










スウェーデンのマルメは、

チボリ公園の目の前にあるコペンハーゲン中央駅から電車で30分くらい。


バスでも使えるRejsekort(ガイセコート)と呼ばれる

デンマーク国内の公共交通機関で使われているプリペイドの

電子乗車カードを今回は買いました。


日本のSuicaやPASMOみたいです。

ただ、運賃のみで電子マネーではありません。


複数の人で一つのカードを共有できて割引率も良いのですが、

駅に改札がないのでチェックアウトを忘れると大変です!



電車の時間を調べてます。








電車はオーレスンド大橋を通ってエーレ海峡を渡ります。

デンマークとスウェーデンを繋ぐ全長6kmの大きな橋です。














マルメに着くとまず、娘ちゃんが行きたがっていた

現代アート美術館まで歩いて行きました。

なんと入場料は無料!








たまたま、アンディ・ウォーホール展が開催中で、

アンディ・ウォーホールを知らなかった娘ちゃんは大喜び。









お馴染みの Brillo!









昔、日本橋三越で開催されたアンディ・ウォーホール展に

友人と行ったことが懐かしい。


娘ちゃんにとっては大昔の人(笑)。

でも新しく感じるみたい。











猫!


サニーさんちのバンちゃん・・・









今回、すごく面白かったのは、

娘ちゃんがレコードジャケットのデザインに強く反応を示したこと。



バナナ!










中身!










リンゴ!











本当にレコードジャケットってワクワクする。

昔もワクワクしていた。

好きなデザインは飾ったりして。














CDジャケットでは視覚的に同じワクワク感が無いんですよね。

手に取り、眺めて、開いて、じっくり読んで、飾って、音楽を聴いて。

レコードには色んなものがぎゅっと詰まっていた。


CD自体が既に過去の産物になりつつもあります。


「こうゆうのが楽しい!

全部、何もかもを小さな画面から見るのではつまらない。」


スマホ世代の娘ちゃんの言葉です。











圧巻のアンディ・ウォーホールのレコードジャケット大集合。











その他の展示物や企画展も堪能した後は、

またブラブラ歩きながら娘ちゃんの行きたいレストランへ。


途中で店の外に並んだデッキブラシを発見。

「魔女の宅急便」を思い出しました。


ジブリの「魔女の宅急便」のモデルの場所のいくつかはスウェーデン。

スウェーデンのデッキブラシを写真に収めて満足です(笑)










そして、さらに歩いていくと陶器屋さんのショーウィンドーに

ロイヤルドルトンの「のばらの村の物語シリーズ」が!



学生の頃の一時期アルバイトしていた喫茶店にも

春夏秋冬の全種類ありました。


「今日は春のカップでモカを」

なんてコーヒーを注文していた常連さんを思い出します!


https://la-mamma-di-lara.cookpad-blog.jp/articles/441227









ようやく、娘ちゃんが行きたがっていたレストランに到着。

お昼の時間を過ぎていたので、待たずに入れました。










店内も可愛い。

ナッツを原材料に発酵させた何種類ものチーズが有名なお店です。











私たちが座った席。







スターターにチーズの盛り合わせを頼んでシェアしました。

美味しかった!

ナッツミルクの青カビチーズは絶品でした。









野菜中心で、お腹いっぱい。

本当はズッキーニヌードルに普通のパスタも混ぜて欲しかったけど、

この日は、おやつも夕食もマルメで外食と決めていたので、

ちょうど良かったかも。




植物性のチーズとピッツァが有名なお店。

元々はベルリンでスタートしたレストランだそうです。

https://therawkitchen.se/










レストランの横の路地を抜けて、

娘ちゃん注目のインテリアの雑貨のお店を巡る事に。









コペンハーゲンも勿論ですが、

マルメも素敵なインテリアのお店がたくさんあります。

日照時間が短く寒い冬に、室内で快適に過ごすための知恵やこだわり。









娘ちゃんのリサーチリストでも上位のインテリアのお店、

AB Småland はランチをした場所からすぐ。

素敵なカフェ・レストランが併設されていたけれど、

お茶の時間には早いので、じっくりお店を見て回ります。



下の階には素敵なインテリアの雑貨が、いっぱい。

ナチュラルなテイストでキッチンからベッドルーム、リビングまで

全て揃います。







上の階はインテリアコーディネートのアイデアのディスプレイや

ヴィンテージ家具、子ども用品も。






























この古い本棚も好き。

ベンチが添えつけられた古い学校の勉強机は子供部屋の人気アイテム。











こんな遊び部屋があったら子供達は嬉しいですよね。










「こんな作業台、アトリエにあったら良いね!」

と盛り上がりました。






沢山のインテリアショップに行きましたが写真が撮れたのはここだけ。

他のお店では実際に小さなお買い物をしたり、個人のアーティストの作品もあり

写真を撮る暇はありませんでした。

https://www.absmaland.com/en










可愛らしい家が並ぶ素敵な通り。

1日歩き回っても発見がいっぱい。











そろそろ、休憩したくなって、

娘ちゃんの行きたかったカフェの一つを探します。



ザ・スウェーデン人的なお兄さんが姿勢良く立っています(笑)。









カフェは屋内が、思ったより小さかったけれど、

外の席は地元の人や家族でいっぱいなので、中の1番端っこに。

とっても落ち着いた空間でゆっくり休憩しました。


コペンハーゲンでも、マルメでも、

オーツミルクのアイス・カフェラテが美味しくって、いつも注文していました。














マルメでは結局、夕食を食べずに滞在先に帰ってきました。

その日は、どうやらミュージックフェスがマルメであったらしく、

私たちが駅周辺に戻る頃には、あちこちの仮設ステージで、

黒いTシャツの人たちが叫んだり、

いろんな人たちが踊ったり、歌ったりしていました。


「 … 帰ろっか? 」

「 帰ったほうがいいかも。パパいなくて良かったね。」


若者を中心に大勢の人々が駅から出てくる中、逆方向に帰って行く母娘。


ちょうど、その頃、我が家の永遠の少年は

療養中にも関わらず友人を泊まらせて酒盛りをしていたのでした。








マルメでの1日はとても楽しい1日でした。

夕食はマルメでは結局できませんでしたが、次回のお楽しみに。


ランチにマルメで食べそこねたピッツァも、

泊まっていた場所の近くに、実はとっても美味しいところがあって、

テイクアウトにして、たっぷりのサラダと頂きました。












さあて、次はコペンハーゲンで何処に行こうかな。

娘ちゃんのリストを見ながら地図に印を付けていきます。



のんびり屋さん二人の旅なので、

観光的にはなんの参考にもならないかもしれないけれど、

続きはまたの機会に。











スロークックですが、最近お世話になったレシピをご紹介致します。

せつぶんひじきさん、hawaiisunnyさん、ヨコ爺さん、ご馳走様でした!
















散らかったお姉ちゃんのベッドの上で。



「あたしだって、仲間に入りたいのに!」


ごめん、ごめん。

ブラッシングしてあげるから下りておいで。










9月は各地で台風の影響で大変な思いをされた方も沢山いらして

心を痛めておりました。


千葉には親戚もおります。


もう、これ以上災害が起こりませんように。

辛い思いをされた方々が早く元の生活を取り戻して

来年を迎えることができます様に。



私たちの住む国でも一日も早く人々の心に平安が訪れますように。






最後までお読み下さり、本当にありがとうございました。








クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください