4dbd3b62961cb29fd57b1082cabc5882?1306396120
ラマンマのごはんと物作り、時々スパイマンマ

息抜き と YouTubeで親孝行?!

2020/05/17 01:52 昼ごはん 晩ごはん お菓子 パン 作りおき イベント 子ども くらし 家族











時々、薄茶をたてます。


勉強している娘ちゃんに朝のおやつを運んだあと、

自分だけで、しみじみ頂きます。

茶花はお庭のハーブ。



白いお洒落なテーブル?は、

夫が我が家の小さなキッチンに

粗大ゴミのドアを半分に切って作り付けてくれた、

開閉式テーブル。


写真マジックです。













一人で行く散歩も、やっぱり大切な息抜き。

特に早朝の散歩が好きです。

私も『おばさんぽ』。


 (こみゆうさん、売り場で大変だったんですね。

 ブログがいつも纏め読みになってしまうので知りませんでした。

 いつも、ユーモアを忘れず素晴らしい。

 わたしなら怒りのあまり血管が切れてしまうかも><;)


外出制限が緩くなり、社会的距離を保てば、

1日1回だった運動のための外出が、何回でも。


一人で散歩した日でも、

お互い機嫌が良くて、

娘ちゃんがパパとサイクリングしない日などは、

一緒にまた午後に散歩に行けます。

「歩くの遅い!」と怒られるのですが…








菜園の近くのお家の野バラの垣根は雀のアパート。

(マンションは英語では大豪邸)

さて、何匹いるでしょう?











雀って本当に「ちゅんちゅん」鳴くんですよね。

ここを通ると「ちゅんちゅんの嵐」です。

垣根の中にも沢山隠れています。













白い牛達にも毎日会います。













この子達の仕事は、

人間が草を刈ったり除草剤を撒く代わりに、

草を食べて、メドウと呼ばれる草地の管理をすること!



食べて寝るのがお仕事。


お肉になることもミルクを提供することもありません。

すぐそばをを通っても、ただ、のんびりしています。

フンは踏まないように気を付けなければいけないけど^^













最近の出来事。


5月8日のVE Day と呼ばれる戦勝記念日には、

私たちの住む通りの人達は、

皆さん、前庭にテーブルを出して、それぞれ

ソーシャルディスタンシング・ピクニックを楽しみました。


戦勝記念日は流石に自分は日本人で、夫も英国人ではない私は

何となくスルーしてしまうのが常ですが、

今回はコロナ禍の中、

近隣の友好と団結という意味で喜んで参加。



とっても良いお天気で、

暑さの苦手な私の為に仲良しのシープドッグのママが

パラソルを貸してくれました。










娘ちゃんがレモンケーキを作ってくれたので、

私は胡瓜とトマトのサンドイッチを作っただけ^^

あとは冷蔵庫の残り…


昔なら張り切ってスコーンを焼いたりしたけれど、

仕事もありますし、

薄力粉や強力粉は此方でも品不足で貴重。


作りすぎて無駄を出したくないので、

今は出来るだけラクしてしまいます。






ユニオンジャックは持っていませんが、

娘ちゃんの誕生日の時やクリスマスの為に縫った、

布のバンティングを繋げて、二階の窓に縛り付けて飾ったら、

ご近所さんから大好評。


皆さんの前庭のセッティングも素敵だったけれど、

写真を撮るのは遠慮しました。










これは、母の日に日本に送ったバラの絵葉書のセット。



大聖堂の裏の古本屋さんで見つけて買っておいた、

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテのバラの絵葉書の本をバラして

リボンで束ねて日本の母に送りました。


飛行機が減便になっているせいか、

まだ届いていないよう。

大丈夫かな。










美味しいものも。


イギリスの母の日には、ちゃんとお祝いをしてもらったけれど、

日本の母の日にも娘ちゃんがご飯を作ってくれました。

わーい。



硬くなったパンを使って平野レミさんのチャーパンを

アレンジして素敵なご飯を作ってくれました。

旨味はベーコンの代わりにポルチーニ茸、オリーブ、サンドライトマトで。

非常に美味!

一人暮らしになったら節約料理として作るそうです。




ズッキーニのローストにはチャイブの花散らし。

ママのレシピのサラダも作ってくれました。













母が昨年送ってくれた筍ご飯の素の賞味期限が大丈夫だったので

筍ご飯で和食。











パパッとパスタの日。

作り置きを添えて。















どうしても食べたくて、自家製パンでカツサンド。

車麩で簡単に。

ソースの上にはシーラーチャーソースを混ぜたマヨネーズ。












旬のアスパラはフライパンでグリルしただけ。

定期的にキヌアはご飯の代わりに食べます。












ピッツァの翌日のホットドッグ再び。

『ご飯作りたくない病』が頻繁に起こる私^^





トレピアンテさんのタブリは良く作り置きに使います。

ごちそうさまです!











はい、作り置きオンパレードのメニューです^^

一品作ったのは、この癖になる美味しいLimeLunchさんのごま味噌!

もう美味しくって止まらない。






夏に大活躍しそう。ごちそうさまです!













こちらは、おむすびでワンプレートご飯!

(基本いつもワンプレートなので宣言するまでもないのですが)


このミッキーアンさんのおむすび、娘に大好評!

お弁当が再開した暁には作ってあげたいです。





ミッキーアンさんごちそうさまです。










冷凍のソーセージを玉ねぎとオーブンで焼いただけで、

一品は作り置き。

焼いてる間に野菜を二品。




ずっと作って見たかった銀ママさんのレシピ。

ブロッコリースプラウト自分で栽培して作りました。



何にでも合う万能付け合せですね。ごちそうさまです。












嬉しいつくれぽ、嬉しいコメント、沢山励みになっております。

皆様の美味しそうで、すぐに作れそうなレシピをご紹介。

















最近、霜が降りて菜園に被害を出すほど寒いのですが、

これはそうなる以前のお庭ご飯。



夫が頑張っている家庭菜園は他の方の畑のように

野菜がまだ全然育っていないので被害なし。

ジャガイモなんてやっと芽が出て来たところ。


来週にはまた暖かい日があるようです。

午後には結構暖かくなりますが、午前中はフリースを着ています。










「 ママ、あそこにクモの巣あるよ 」



はーい、見つかっちゃった!


何だか、家事にやる気が出ないんです。

もともと、料理以外は得意ではないけれど…。


最近は、ご飯も、楽して美味しいものを食べたーい!

と思ってばかり。











さて、ここからは、タイトルのYouTubeで親孝行の話。

長くなりますので、どうぞ興味がない方はスルーしてください!



私は現在のコロナ禍の中、最低でも今後2年近く、もしくは

それ以上、日本の実家の両親と会えないかもしれない事に、

胸を痛めていました。

自分で海外在住を選んだ身です。

でも、「もしこの間に、両親に何かあったら」と考えるのは辛いものでした。


ほとんど毎日、実家に電話をしますが、私の両親はネットをしないので、

ビデオ電話もできません。

そして、寂しい思いをしている高齢者の方や一人暮らしのお年寄りも

沢山いらっしゃるだろうと思うと、また胸が痛みました。


実は、私の母のガラケーが、昨年とうとう壊れてスマホに変わりました。

全く使いこなせていないらしいのですが、

何故かSiriに話しかけることは覚えて、

好きな歌手のコンサート情報をゲットし、

叔母にチケット購入を頼んだりしていることがわかりました(笑)



そして、「タイトルがわかっていたらネットをしないお年寄りでも、

YouTube動画は見れるかも?」

「名前を出さずにお手紙を朗読する動画チャンネルを作って投稿したら

私の両親だけでなく慰められるお年寄りもいるのでは?」

そう思って、なんとラマンマは

「妄想家族お手紙クラブ」という

YouTubeチャンネルを開設してしまったのです。


誰も教えてくれないし、自分で調べて四苦八苦して、

最初に投稿したおばあちゃんへのお手紙の動画は、多分にお粗末です。

友人の息子さんには「更年期と厨二病は同じだったのか!?」

とか言われちゃうし。

自分の声にもがっかりしました。

かなり恥ずかしくて、もう削除しようかと思ったのですが、

いつも散歩する景色の映像と鳥の声と水や風の音、

私が書いた手紙を朗読するだけの動画を、母が本当に喜んでくれて。

母のために続ける事にしました。


そして、母の日には母への手紙の動画を、そして父への手紙の動画と投稿。

今までのどんなプレゼントよりも両親が本当に喜んでくれて、

母から聞いて見てくれた叔父や叔母たちまで喜んでくれました。


沢山の寂しいお年寄りを慰めることはできなかったけれど、

私が一番寂しい思いをさせている両親には本当に喜んでもらえました。



もし、ご両親と遠く離れていて、今、私のように会えない方がいらっしゃったら、

自分が普段見ている景色とともにビデオレターを作ってみたら如何でしょう?

スマホがあればとても簡単にできますし、

ご両親とラインなどで繋がっているのなら、

私のようにわざわざYouTubeチャンネルを解説する必要もありません。


私の両親のようにネットに疎く、最近スマホに切り替えて、

唯一、Siriに話しかけることだけは覚えたなんて場合には、少々面倒ですが、

YouTubeチャンネルもありだと思います。

ただ、ネーミングが一般的だと検索が難しいです。

私はiPhoneを使用しているので iMovieと言うアプリを使いました。

Androidをご使用の方でも色々な無料動画編集アプリがあるようです。



私の父は、面と向かうと自分が喋ってしまって人の話を聞かない人です。

けれど、動画レターは聞くしかないので、普段、電話で話をする以上に

思いが伝わったように思います。

そして、一緒に歩いた散歩道や、一緒に見たい景色を

見てもらえたことは、思った以上に素敵なことでした。

だから、今後も両親のために折々に投稿しようと思います。



本当は、恥ずかしいし、宣伝みたいに思われてしまうのも嫌なので、

ブログでは書かないでおこうと思ったのですが、

母がいろんな人に教えてあげたら絶対喜ぶ!と言うので書いてみました。


私の感性は少し変わっているかもしれないので、

万人向けの方法ではないかもしれないのですが、

海外在住のメンバーの方々、

また国内でもご家族を簡単に訪ねていけない方々のなかで、

もし参考にされる方が一人でもいらしたらと思い、

ここでシェアさせて頂きました。





長々と読んでくださり本当にありがとうございました。

どうか、皆様お元気で。










クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください