4dbd3b62961cb29fd57b1082cabc5882?1306396120
ラマンマのごはんと物作り、時々スパイマンマ

花遊びとアップルパイ

2020/10/21 08:17 朝ごはん お菓子 パン テーブルウェア 子ども 趣味 くらし 家族






秋ですが、まだ霜が降りていないので

庭のダリアも元気。


夏の名残の花たちで花遊び。





花あそび、その1

ドライフラワー












ブーケを作り輪ゴムで縛ります。

輪ゴムを使うのは茎が乾いて細くなってもズレないから。













ヴィオラやローダンセマムで小さなブーケも作りました。

可愛らしくてキュンとしてしまいます。


おばさんがキュン…心は乙女(笑)















今年はお米のとぎ汁を忘れずにあげた紫陽花が

たくさん花をつけてくれました。


秋に向けて色が変わり始める、このアンティークな色合いが大好き。

大人の色合いのブーケに。















直射日光が当たらない壁を選んで吊り下げます。

雨の合間の晴れた日を狙ってブーケを作り

どんどん吊るしていくので上段から乾いてゆきます。











ヴィオラのブーケは乾くと小さくなってしまうので、

2、3個まとめて一つにします。


娘ちゃんに、「 勉強頑張ってね!」とあげたら

勉強机にしているライティングビューローに飾っていました。














花あそび、その2

押し花



ヴィオラはどんどん切ってあげると、

後から後から花を付けてくれるので押し花にすることにしました。


娘ちゃんが、小学生の時にバースデープレゼントに

お友達から貰った押し花プレス。



一、二回使った後、棚に放置されていたのを引っ張り出してきました。



まずは、リサイクルごみとして捨てる予定だったダンボール箱と

娘ちゃんが洋服のパターン作りの使ったリサイクルペーパーを

同じサイズに切ります。





ボール紙一枚、紙二枚、花、紙二枚、ボール紙一枚の順番で

どんどん重ねていきます。

その時、花に小さな虫などが付いていないか

丁寧にチェックしながら、作業を進めます。











可愛いお花の顔を愛でながらの楽しいひと時。











最後はうさぎさんのお耳という名を持つ

ヴィオラ・バニーイヤーの花びらがめくれないように

お顔を伏せて。


出来上がりが楽しみです^^












そして、アップルパイの季節です。


以前のように沢山お菓子は作らないけれど、

焼き菓子とお茶の美味しい季節は頑張ります。




娘ちゃんは下校するとガレージから家に入り

制服を全部脱いでシャワーを浴びます。


コロナ以外のインフルエンザや変な風邪も流行っていて

学校では感染症が蔓延しています。

私の喘息を気使っての
ルーティーン。

制服は毎日洗濯しても化繊なのであっという間に乾きます。


シャワーの後はおやつを食べながら、お喋り。

宿題を始める前の大切なリラクシングタイムです。



時には学校や世の中に対する不満をただひたすら聞き続けることも…

頑張れ娘ちゃん!

頑張れ私!








アップルパイ第二弾。



小さい赤いリンゴは菜園のプロットに既に植えられていたもの。

少し大きい黄色の入ったリンゴは自分たちで庭に植えた

コックス・オレンジ・ピピン。


見た目は美人じゃないけれど、味は最高のイギリス原産の林檎。

日本でも林檎好きの間ではジワジワ名前が浸透しているらしいです。







アップルパイには数え切れないほどの思い出がありますが、

自分はどんな風に生活していたのか

以前のブログを読み返すと、

盛り付けも成形も丁寧に作っていたなあ、と遠い目。




https://la-mamma-di-lara.cookpad-blog.jp/articles/379480


まあ、人生、その時その時をできる範囲で楽しむのが一番。


花あそびも、そんな思いで花たちのパワーを借りて、

小さな幸せタイムを創りました。












朝ごはん。


平日は慌ただしいので、

週末の朝はなるべく丁寧にセッティング。



ターメリックと林檎と豆乳のオートミール。




トクライさんがブログでポワロの朝食についてお書きになっていましたが、

娘ちゃんもアガサ・クリスティーが大好き。

疲れていたり、勉強が大変な時には一番だそうです。


娘ちゃんにとって、名探偵ポワロやミスマープルは

よく知っている親戚のおじさんやおばさんのような安心感があるのだとか。

トクライさんお息子さんにとっては飲み友達だそうです!



トクライさんのブログ

https://tokurai.cookpad-blog.jp/articles/541708












シナモンとデーツのオートミール。















歴史や文化に興味がある娘ちゃんは、何かに興味を持つと

必ず食文化に。

NetflixでUnorthodox(アンオーソドックス)を見てから、

超正統派ユダヤ教徒だけでなく、

普通の一般化したユダヤ人カルチャーにも興味を持ってからの、

安直にNYベーグルとモントリオール・ベーグル(笑)。

でも、歴史や比較を調べまくっていました。


アンオーソドックスは、本当に衝撃的で、最後は涙が止まりませんでした。

実話を基にしたドラマですが、

今でも映画のままの暮らしをしている人々がいます。

伝統に縛られる時、どうして若い女性が辛い思いをすることが多いのか。


文化の否定ではありませんが、

『面白い文化と伝統をそこの皆さんで是非守ってください、

私はそこには絶対生まれたくないけれど』って言うのもどうでしょうか。


胸が疼く作品です。

でも、最後には安物でない感動が待っています。


「苦しかったら逃げていいんだよ、

人生やり直し絶対できるから。

あなたの人生はあなたのものなのよ。」

そんなメッセージも感じました。



なかなか良い説明のレビューの記事のリンクを一応。

https://fasu.jp/series/netflix/vol3/




そして、ほとんど焼いたことがないのに、

ちょこふみさんのベーグルに憧れて挑戦したブルーベリー・ベーグル…

(ドラマにはベーグルはもちろん登場しません!)


全然上手に焼けませんでしたが、

娘ちゃんは味は美味しいと言ってくれました(涙)。


修行が必要です。

ちょこふみさん、弟子入りさせて!





ちょこふみさんのツヤツヤのベーグルが堪能できるブログ。

https://chocofumi0101.cookpad-blog.jp/articles/541997







おーさかやさん、御馳走様です。

冷凍のブルーベリーで黒紫の物体のつくれぽ失礼いたしました。












週末には、パンケーキも登場回数が多いです。



そば粉のパンケーキ。












米粉のパンケーキとキャラメルアップルソース。














こちらのパンケーキと一緒に頂いたアップルソースは絶品。

リンゴだけの優しい味。



トレピアンテさん、素敵なレシピありがとうございます。









私のレシピにつくれぽを下さった素敵な皆さんのレシピをご紹介いたします。

本当にありがとうございます^^









inLondonさんのブログ。

やっぱり、面白い!

https://shugyorecipe.cookpad-blog.jp/articles/277557










最後に、お庭仕事。

これも花あそびのうちかしら?


季節の変わり目は大忙し。

今年は球根ラザニアと呼ばれる植え方に挑戦。



チューリップ、ヒヤシンス、水仙とスノードロップ、

一番上の層にはラナンキュラスの球根とヴィオラの苗。

別の鉢には違う品種を植えて、

一番上はアネモネの球根とやはりヴィオラ。


ヴィオラがナメクジに食べられたり、

リスに球根を掘り返されてしまわないように

土の表面には唐辛子のフレークを蒔きました。


ヴィオラが冬の間、そして春先から初夏まで、

球根が順番に育って花を咲かせる予定。


綺麗に咲いてくれると嬉しい。









バラの花壇。


雑草抜きとゼラニウムをコンパクトにして、

新しい花を来年に向けて植えました。



周りをぐるっと勿忘草(ワスレナグサ)と

水仙の球根を交互に植えました。

バラの剪定は花が終わってから。








初めて菊を育てました。

1メートルぐらいの高さの茎に

直径7、8センチの花が咲いています。



丹精した花がちゃんと咲くと

ガーデニングに自信がない私は嬉しくなってしまいます。

可憐な少女たちおしゃべりしながら踊ったり歌ったりしているみたい。













「 どーこだ? 」



ふふふ、

なーにしてるの?って顔でじっと見ている猫ちゃんです。




今日と明日は娘ちゃんはオンラインで

志望の高校のヴァーチャルオープンデー。

教科ごとの先生や生徒たちのプレゼンが5時半から8時過ぎまで!


中学校の教科ごとの先生と親の二者面談もZOOMで、

明後日はそのタイムスロットブッキング。

ママもコンピューターの前で格闘です。


学校がいつ閉鎖するかわからない状況ですが、

ただ目の前のことに取り組むのみ。

来週は1週間秋休み。






長いブログを読んで頂き本当にありがとうございました。







クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください