4dbd3b62961cb29fd57b1082cabc5882?1306396120
ラマンマのごはんと物作り、時々スパイマンマ

春の英国の庭から〜ラザニア植えの結果〜

2021/04/07 00:06 お菓子 テーブルウェア 子ども 趣味 くらし 家族 健康






ご無沙汰しております。

前回のブログでは雪景色。


日本より春がやや遅い英国も

すっかり春らしくなりました。




「 ママ、鳥さんたち嬉しそう! 」



バードフィーダーに来ている鳥たちを眺めている猫ちゃん。







「 あたしもおやつ!」



いつも、ママを慰めてくれる可愛い天使^^









前回のブログから2ヶ月以上経ってしまいました。


時は少し遡って、

2月中は水栽培の球根たちに目を楽しませてもらいました。








まだまだ冬将軍が居座っていたこの頃、

娘ちゃんがセムラを焼いてくれました。



銀ママさんが今年も素敵なセムラのブログ記事を書かれています。

https://gingamom2015-11-scenicphoto.cookpad-blog.jp/articles/581490




私たち母娘が以前セムラを作った時のブログ記事。

https://la-mamma-di-lara.cookpad-blog.jp/articles/400489
https://la-mamma-di-lara.cookpad-blog.jp/articles/483941








今年も美味しかった!











猫ちゃんもクリームをお相伴。











水栽培のクロッカス。

昔、娘ちゃんが使っていたおままごとのカップに。











チアシードと干しイチジクがたっぷり入ったケーキも娘ちゃん作。













ピスタチオとホワイトチョコレートが最高のコンビネーション。



いつまでも、しっとりしていて胃にもたれない。

レシピを教えてと聞いたら適当に作ったそうです。

また、食べたいなあ。








水栽培のヒヤシンス。

この緑から紫へのグラデーションが美しくて。



ヒヤシンスの葉っぱのデザインのSylvacの花器に入れて見ました。



実はこの冬も雨が多く、庭の物置で冬越しさせていた球根が

カビたり腐ったりしてしまいました。

ムスカリは特に湿気に弱いようで完全に腐っていました。


その中でもカビた外側を剥いて消毒してみた球根たち。



カビを発見したら消毒の繰り返し

一生懸命お世話したら、花を咲かせてくれました。



花の終わった室内の水栽培の球根は、

堆肥と一緒に庭のあちこちに植えました。

根を下ろして来年も花を咲かせてくれますように。



さて、昨年トライした球根ラザニアの結果です。


昨年秋にラザニア植えをした時の記事。

https://la-mamma-di-lara.cookpad-blog.jp/articles/546332


春を向えた今、

鉢に球根を何層にも植えたものが見事に花を咲かしてくれています。



まずはスノードロップから咲き始めて、

水仙、ヒヤシンス、ムスカリと順番に花開きます。





白い水仙と植えたヒヤシンス。

これはきっとウェディングにもぴったりだろうな。








このアプリコットとオレンジのシャーベットのような色の

ヒヤシンスは初めてでした。

ジプシークイーンという名前で

こちらでもまだ珍しい品種のようです。








花が開くにつれてサーモンピンクに。



一緒に植えたチューリップはこれから花開きます。







ムスカリにもいろんな種類がありますよね。

このムスカリは、良く見る細長い葉っぱの種類のものではなく

お母さんに抱っこされている赤ちゃんのように

広い葉っぱに包まれて花芽が出てきます。










ほら、育つと、

すらりとしたお姉さんが帽子をかぶっているみたい。











淡い色のムスカリ。

こんな色のドレスが欲しいな。



この鉢は最初に薄紫のクロッカス、

今はムスカリが咲いていて、

この後ラナンキュラスとアリウムが咲きます。




まあささんも素敵なブログ記事でムスカリのお花を紹介されています。

https://kenmama-7878.cookpad-blog.jp/articles/575318









まだまだ寒い時期、チェリープラムもたくさんの花を咲かせてくれました。

今年は久しぶりにジャムを作ってみようかな。










このルバーブのケーキも娘ちゃん作。











早春の日差しを楽しみながらのティータイム。













庭では昨年秋に作った花壇からも続々と花の芽が出て、










こんな風に咲きましました。

この花壇も順を追っていろんな花が咲くように植えました。



毎日、小さな芽が顔を出し、蕾が膨らむのが愛おしくて、

庭に出るのが楽しみです。








気がつけば、マグノリアも咲き始め、














咲き始めた途端に大風が吹いて可哀想でしたが、

持ちこたえてくれました。



庭の陽の当たらない所に屋外用の鏡を置いて見ました。

別の世界に行く入り口みたいで気に入っています。









マグノリアの下は白い絨毯のようになって素敵なので、

芝刈りの時に一緒に花びらを取り払ってしまわないように

夫にはこのエリアは今は手をつけないでと頼んでいます。







今年はちょっと早いアネモネもどんどん咲き始めています。








こちらは前庭に置いたラザニア植えの鉢。








窓辺のパンジーも冬からずっと咲いてくれています。









イースターの飾り付けを娘ちゃんがしてくれました。



お庭のお花でアレンジメント。

春がギュッと詰まった感じ。






庭が春爛漫になった頃、ロックダウンのルールがやっと緩和される方向に。

屋外でなら6人まで、もしくは二家族までで会えるようになりました。

近所のお友達と庭でお茶を飲むことができて、

こんな普通のことができる幸せを噛みしめました。


娘ちゃんの学校も3月に始まり、

最初の2週間のうちに新型コロナの簡易テストを3回、

学校で受けて、陽性反応が出たら即下校&自宅隔離。


2週間経ってからも、週2回自宅でテストをし、

毎回結果を学校とイギリスの国営医療機関である

NHS国民保険サービスに専用サイトを通じて報告していました。

週2回の簡易テストとその報告は春休み中も継続します。

この簡易テストは学校へ行く上での安心感と、

予防対策継続の気の引き締めにもつながるので、

本当に有難いなと思います。








マグノリアもあと少しでおしまいです。



すっかり春なのに、昨日は雪が散らつき、

ここ数日朝には霜が降りています。

家庭菜園に植えたソラマメにカバーをかけて良かったです。




           *  *  *  *  *





「 ママ、ブログ、全然書いてなかったね。」




仕事と、最低限の家事と、家族のことで精一杯でした。

多分、コロナ疲れですね。

自分の心の体力が試されている感じました。


でも、いつも、強くなくても良いし、

誰かに助けを求めても良いんだと、

私のちょっとした変化に気付いてくれた親友に支えてもらいました。

物理的な距離と心の距離は関係ないと改めて実感。


辛い時には「辛い」、

悲しい時には「悲しい」、

苦しい時には「苦しい」、

そう言って良いと知らずに育つと、

愛する誰かのそれを全力で受け止める時に、

びっくりするほど自分が磨耗してしまうみたいです。


一時は美しく料理を盛り付けることすら負担でしたが、

また少しずつ、みなさんのブログを覗きながら、

クックパッドを楽しみたいです^^



庭や花のことばかり書いてしまいました。

次回はお料理の事も!

つくれぽを下さった皆様、本当にありがとうございます。



長いブログになってしまいましたが

お読みくださり本当にありがとうございました。


いつもより更にご無沙汰してしまいましたが、

皆様がお元気でおられますように。







クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください